Blog

gitなにそれおいしいの?という方向け gitを一切使わないアプリのデプロイ方法

2015.05.22 | Mac | 293views


20150306_01Webアプリを作ったりするモチベーションを保つには、無駄な時間はなるべく避けたいところ。特に初めてのアプリをdeployするなんて時にはググるだけで「ああ、わからんからもういいや」となってしまいがち。今回はそんな初心者デプロイ(言い方はおかしい)向けのgitを一切使わないデプロイをやってみましょう。

gitを一切使わないアプリのデプロイ

Herokuを利用する

一般的なレンタルサーバーでアプリを公開するのは実は敷居が高いです。Herokuを使いましょう。まずはHerokuでアカウントを取得し、Dropboxのアカウントも作りましょう。HerokuはPythonやRubyなどで作ったアプリをどん、と公開するときに便利です。アプリケーションの設置は5つまで無料。便利なアドオンなんかも充実しているので、テストに使う場合にも凄くお役立ちだと思います。

普通gitを使う場合

gitを使うデプロイの場合は、

$ heroku login
$ cd アプリプロジェクトファイル/
$ git init
$ heroku git:remote -a アプリ名
$ git add .
$ git commit -am "make it better"
$ git push heroku master

というgitコマンドを使ったりするわけですが、エラーを吐かれるとそれを調べるだけで一苦労。そもそも相談相手が居ない場合や、ぐぐっても知識不足から理解不能に陥りやすいです。せっかく作ったアプリなんだからWeb上で動いているのをすぐに見たいですよね。いよいよやっていきましょう。

10分程度でデプロイ準備完了

まずはHerokuダッシュボードの右上から + ボタンで新規アプリを作ります。

01

次にアプリ名称を決めます。Heroku全体で使用されていない名前じゃないとダメです。

02

Dropboxと連携しますのでDropboxのアイコンをクリック。

03

これでDropboxの中に アプリ/Heroku/アプリ名称 のフォルダが完成しました。Dropboxの同期が終われば直ぐ確認できるはずです。後はこのフォルダの中に出来たアプリ一式をほり込んでHerokuのデプロイボタンを押したら待つだけ。おしまい!簡単ですね。

04

Pythonの場合はフォルダの中身はこんなふうになります。

05

ProProcfileの中身は

web: python index.py

という感じで最初に動かすメインのスクリプトを指定します。

requirements.txtの中身はモジュールの依存関係を表したものですね。これを書いておかないとデプロイの時にインストールしてくれません。中身は例えばこのようになっています。

bottle==0.12.8
oauthlib==0.7.2
requests==2.7.0
requests-oauthlib==0.5.0
unicodecsv==0.12.0
gunicorn==19.3.0
psycopg2==2.6
SQLAlchemy==1.0.4
whitenoise==1.0.6

runtime.txtはPythonのバージョンを表記します。

python-2.7.9

もし今回のようにbottleを使ったアプリをデプロイする場合はbottleの最下部のrunを

run(host="0.0.0.0", port=int(os.environ.get("PORT", 5000)))

と書き換えておきましょう。

それではレッツデプロイ!

このエントリーが役に立ったらシェアしてください


LLC JIRIKI HOME

この記事を書いた人

淵上 喜弘

著者:LLC JIRIKI

合同会社ジリキ 代表社員兼、業務執行社員。
1979年生まれ 兵庫県尼崎市出身・明石市育ち。

川崎医療福祉大学を卒業後、日産サティオ岡山に就職し初年度新人賞をカルロス・ゴーンCEOより受賞。その後NTT関連フレッツ販売会社に再就職し、地域賞2位を受賞。OCN販売表彰2位も同時受賞するとともにBフレッツ単独販売数の記録を打ち立てる。2006年合同会社ジリキ設立。SEO、WEBサイト制作業を開始する。

SEOで「大阪 探偵」や「離婚 行政書士」などのキーワードや「子ども 教材」「スマートフォンケース」など各種キーワードで1位を獲得。サイト制作でも毎日コミュニケーションズ・マイナビ女子オープンのサイトを制作。その後ECサイト運営サポートに着手し、売上月商50万のストアを1年半で1700万の月商に成長させる。

スマートフォンケースなどの商品企画開発も手がけ、楽天ランキングでも1位獲得、家電ジャンルMVPなどECサイトコンサルティングでも実績あり。

現在、グロースハックに注力しており様々な業種のサイトのCVアップをサポート中。チームとしてのグロースハック実績ではKaizenグロースハッカー総合 Top 20%、不動産 Top 10などを頂いています。

プログラミングは本業ではなくあくまでも趣味の一環として取り組んでいます。月1回ペースで東京へ出張へ行っておりますので、機会があれば是非お話をしましょう。

LLC JIRIKI