Blog

せっかくMacを買ったならPythonやろう

2015.03.11 | Python | 753views


th_Python-logo-notext.svgせっかくMacを買ったならPythonに取り組んだらいいんじゃないか。とか思うわけです。プログラミング言語の中でも可読性が高く、色々なプログラミング言語に挫折してきた人にこそおすすめしたいのがPythonです。Mac OS X以降であれば、Python2.7が最初から入ってますから取り組みやすいというのも理由の一つ。現在はPythonは2.x系と3.x系に分かれているのでどっちから始めたらいいかわからない。という時はひとまずMacに入っているので2.7から。でも良いと思います。

とりあえずPythonのバージョンを確認してみよう

ターミナル起動

LaunchPadからその他、でターミナルを起動しましょう。今後Pythonを触るときはしょっちゅうターミナルを起動しますからDockに追加しておくと便利ですよ。とりあえずまずは入力してみましょう。以下の文字を入力してみてください。


$ python

ここで $ マークは最初から入っているので、実際は Python とだけ打ち込みます。以下の様な画面がちゃんと出ましたでしょうか。

python

Pythonの2.7.6がインストールされてますね。この文字列 python と入力したら既にPythonとの対話が始まってますから、計算を投げてみましょう。


1 + 1

対話してみる

出ましたね。このようにターミナルからPythonを起動してPythonと遊ぶことが出来ます。これだけではPythonやろうという気が置きないと思いますので、さくっとWebサーバーを立ち上げてみましょう。


>>> import SimpleHTTPServer
>>> SimpleHTTPServer.test()

webサーバーを立ち上げよう

入力したらエンターを押しましょう。

サーバーが立ち上がった

アクセスを拒否するか許可するかが出てくると思いますので、許可してください。これでWebサーバーが立ち上がりました。http://127.0.0.1:8000/をブラウザに入力してみてください。おそらくMacのディレクトリが一覧で出ているはずです。終了する場合はターミナルでctr + cを押します。先ほどの入力した1行目でPythonのモジュールをインポートしています。

このようにPythonは既存のモジュールを使うことで楽に色々遊べてしまうわけです。今回のWebサーバーもHTMLファイルを扱い表示させることが出来ますが、それは又の機会にご紹介していこうと思います。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください


LLC JIRIKI HOME

この記事を書いた人

淵上 喜弘

著者:LLC JIRIKI

合同会社ジリキ 代表社員兼、業務執行社員。
1979年生まれ 兵庫県尼崎市出身・明石市育ち。

川崎医療福祉大学を卒業後、日産サティオ岡山に就職し初年度新人賞をカルロス・ゴーンCEOより受賞。その後NTT関連フレッツ販売会社に再就職し、地域賞2位を受賞。OCN販売表彰2位も同時受賞するとともにBフレッツ単独販売数の記録を打ち立てる。2006年合同会社ジリキ設立。SEO、WEBサイト制作業を開始する。

SEOで「大阪 探偵」や「離婚 行政書士」などのキーワードや「子ども 教材」「スマートフォンケース」など各種キーワードで1位を獲得。サイト制作でも毎日コミュニケーションズ・マイナビ女子オープンのサイトを制作。その後ECサイト運営サポートに着手し、売上月商50万のストアを1年半で1700万の月商に成長させる。

スマートフォンケースなどの商品企画開発も手がけ、楽天ランキングでも1位獲得、家電ジャンルMVPなどECサイトコンサルティングでも実績あり。

現在、グロースハックに注力しており様々な業種のサイトのCVアップをサポート中。チームとしてのグロースハック実績ではKaizenグロースハッカー総合 Top 20%、不動産 Top 10などを頂いています。

プログラミングは本業ではなくあくまでも趣味の一環として取り組んでいます。月1回ペースで東京へ出張へ行っておりますので、機会があれば是非お話をしましょう。

LLC JIRIKI