Blog

超高速でPyhtonフレームワークFlaskを使う方法

2017.05.23 | Python | 180views


Pythonフレームワークはbottle、DjangoなどがありますがFlaskも忘れてはいけませんね。bottleのように軽量で、ほぼbottleのように書いていけるFlaskを使えるようになっておいて損はありません。

Flaskのインストール

$ python3 -m venv flaskworks
$ ls flaskworks/
$ . flaskworks/bin/activate
(flaskworks)$ pip install flask
(flaskworks)$ cd flaskworks
(flaskworks)$ mkdir static
(flaskworks)$ mkdir templates

Python3.6が現在最新版ですが、仮想環境構築も簡単に済ますことができますね。
(flaskworks)$ が仮想環境化にいることを表しています。

Flaskのディレクトリ構造 

FlaskはDjangoと異なり、プロジェクトディレクトリ・アプリケーションディレクトリを分けなくても開発が可能です。bottle同様、トップディレクトリに以下のようにスクリプトを書き、ターミナルから実行するだけでOKです。

from flask import Flask
app = Flask(__name__)

@app.route('/')
def hello_world():
    return 'Hello World!'

if __name__ == '__main__':
    app.run()

このエントリーが役に立ったらシェアしてください


LLC JIRIKI HOME

この記事を書いた人

淵上 喜弘

著者:LLC JIRIKI

合同会社ジリキ 代表社員兼、業務執行社員。
1979年生まれ 兵庫県尼崎市出身・明石市育ち。

川崎医療福祉大学を卒業後、日産サティオ岡山に就職し初年度新人賞をカルロス・ゴーンCEOより受賞。その後NTT関連フレッツ販売会社に再就職し、地域賞2位を受賞。OCN販売表彰2位も同時受賞するとともにBフレッツ単独販売数の記録を打ち立てる。2006年合同会社ジリキ設立。SEO、WEBサイト制作業を開始する。

SEOで「大阪 探偵」や「離婚 行政書士」などのキーワードや「子ども 教材」「スマートフォンケース」など各種キーワードで1位を獲得。サイト制作でも毎日コミュニケーションズ・マイナビ女子オープンのサイトを制作。その後ECサイト運営サポートに着手し、売上月商50万のストアを1年半で1700万の月商に成長させる。

スマートフォンケースなどの商品企画開発も手がけ、楽天ランキングでも1位獲得、家電ジャンルMVPなどECサイトコンサルティングでも実績あり。

現在、グロースハックに注力しており様々な業種のサイトのCVアップをサポート中。グロースハック実績ではGROWTH HACKER AWARDS 2017にて、スマートフォン賞・不動産賞を頂いています。

著書:4冊ほどPythonフレームワーク本をKindleで出しております。

LLC JIRIKI